FC2ブログ

トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  ケイバ雑記  >  今秋から未勝利、500万下で出走制限という話

--年--月--日 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨よもっと降ってしまえ! | トップページへ戻る | 日曜日の競馬から

このページのトップに戻る

2012年02月29日 今秋から未勝利、500万下で出走制限という話




馬券は、関東エリアで7割近くが売られているのに、
関西馬が強すぎる現在の状況が関東の馬主さんもJRAはどうもお気に召さないらしい。
以下、その辺の内容は東スポさんのweb版をコピペしておいたので読んでみてください。
こういう施策が、ファンが求める面白い競馬につながるのか、
そこのところの考え方がないのが、はなはだ不親切というか
お役所的な内輪の調整話に感じてしまいます。


IMG_4294.jpg


制度で優遇された関東馬は、少なくとも勝ち上がり率は上がってきますね。
それだけ、優駿がそろった関西馬の勝ち上がりが大変な戦争状態になるわけですよね。
中途半端な関西馬は、勝ち上がれない可能性が高くなっちゃうでしょう。
一口的には関東馬を買った方が、優遇されそうな気もしてきましたが、
ただ関東馬が500万までは勝ててもその先のステージの高さは、変らないと思いますし、
オープン馬の層は西高東低で変らないのでしょうね。
実際、フェブラリーSに出走していた関東馬は、
船橋のナイキマドリードとスマイルジャックだけ。
テスタマッタ、トランスエンドは○外、
ノーザンファーム生産は、ダノンカモンとグランプリボスだけだったのに、
新冠、ひだか生産の馬を含めても圧倒的多数の出走馬は関西馬でした。
この現状こそ、テコ入れして過保護政策してもらわなければいけないほど、
美浦には問題があるということではないのでしょうか?
この問題は、馬房数の削減の問題も絡んで、複雑なようです。
西山オーナーのブログでもその辺の所は、触れておられました。



今日は、川崎で交流重賞G2牝馬のエンプレス杯の予定ですが、
朝から雪が舞って、道路はシャーベット状態になっております。
ミラクルレジェンド、クラーベセクレタの叩きあいを見に行く予定でしたが、
重いカメラを背負って、移動する元気がなく中止します。
期待されていた方、ごめんなさい!
主催者は、施行するんですかね?
月曜日6頭落馬という事故が起こったばかりなのに、まだ発表はないみたいです。







2/3 東スポweb版からの抜粋です。


JRAが早ければ今秋から未勝利、500万下条件(2歳、3歳も含む)で「出走制限」を設けることが、
本紙の取材で明らかになった。
東西の主要4場開催(東京、中山、京都、阪神)を対象に行うもので“地元”が最優先で出走できるシステムになる。
具体的に説明しよう。現在の1回東京なら未勝利、全ての500万下は美浦所属馬に優先出走権があり、
栗東所属馬が出走できるのはフルゲート割れの場合だ け。
同様に2回京都なら栗東所属馬に優先出走権があり、美浦所属馬はフルゲート割れでないと出走できない。
第3競馬場(現在は1回小倉)は今まで通りで全 条件に制限はない。
この施策で未勝利、全500万下の“地元以外”の出走は極めて厳しくなり、西高東低の勢力図にも影響を及ぼす。

昨年の主要4場で3歳未勝利は栗東=236勝、美浦=200勝。
3歳上&4歳上500万下は栗東=182勝、美浦=145勝。
合計では栗東所属馬が73 勝も上回った。この出走制限が施行されると、
JRAの試算では73勝中50勝は美浦に勝ち星が移り、東西格差の有効な緩和策となる。
JRAにとっても長距離の輸送件数が減り、輸送費カットのメリットもある。
昨年、競走馬の輸送費負担は全場で約50億円。
この施策が実現すれば下級条件のコストカットは大きく、経費削減につながる。

「馬券は関東で7割近く売れているので関西馬が強過ぎる状況は…。
ファンの購買意欲を高めるためにも、このウルトラC策が機能することを願いたい」
とあるJRA関係者は語った。






スポンサーサイト

雨よもっと降ってしまえ! | トップページへ戻る | 日曜日の競馬から

このページのトップに戻る

コメント

疑問しかないですね公正な競馬のイメージからは程遠い勝ち星の割り振りですかねまぁ文句を言っても仕方ないですがこの天気で開催はどうでしょう安全面に関する主催者の考え方を疑いますただ売り上げの高いレースですからね自宅でネット観戦です

コメントの編集

Re: タイトルなし

夢さん、残念でした!

やっぱりあの雪では、無理でしたね。
それにしても、決定が遅かった!
まあ、代替えの開催システムがないから、どうしても催行したい!
そういう格闘も理解はできます。

次また、いい走りを期待しましょう。
応援行きますから。またよろしく。

コメントの編集

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。