FC2ブログ

トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  ケイバ雑記  >  競馬場へ行きましょう

--年--月--日 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/11の抽選に2頭、なんとか入って欲しい・・ | トップページへ戻る | 日曜日の競馬から

このページのトップに戻る

2012年04月04日 競馬場へ行きましょう





カメラマン馬券師 あきちんのファインダー競馬で
大荒れだった31日(土)の入場者数について
JRA発表の数字が出ておりました。抜粋して紹介します。


・入場者数(31日)

大荒れの予報が実際にそうなり交通もマヒ。最低入場者数を記録する条件は揃っていて、
本気で1万人キープを心配したがなんとか13071人を記録。
とはい えここまで三度記録している14000人台を楽に割り込む今年の最低記録更新。
いつも来てくれている1000人が交通マヒで来場できなかったか(笑)。
逆 を言えば、あの状況でも今の中山を支えている固定ファンは来てくれるというありがたい事実も見えてくる。
しかし前比(一昨年比)は56.1%と酷い有り様。どーなんでしょうね、コレ・・・。
なお売上は入場者数とはシンクロせずに前比(一昨年)95.3%と微減止まりで済んだ。

・入場者数(阪神)
ところが更に驚いたのが同日阪神の入場者数。
仁川も土砂降りだったとは思うけれど、まさかの9702人(前比48.5%)。
遂に迎えた中央4場での1万人割れはマジでびっくりしました。
これはローカルと大差なく、あとたった9702人減れば夢の無観客開催へ。
もともと関東に比べ関西はお客が集まらないが、
今年は現地の方からも「いつも以上に空いている」の声が聞こえてはいた。
それにしたってこの数字は・・・事態は想像以上に深刻かもしれません。


競馬は、馬券を買うファンがいて成り立っている。
PAT会員が増えて、みんなPATで参加しているから、売上げの数字は前年比とそう変らず推移しているが、
現実的には、東京も中山も、レストランはシャッターが下りて寂しいばかり。
斜陽の香りをぷんぷんと感じます。
こういう入場者数の現実を見ると、
愛馬の賞金もどんどん減っていくのだろうな・・・と考えてしまいます。
競馬場へ来るコアなファンはみんな年寄りで、ポケットに小銭を忍ばせて通ってくる。
そういう人間がいなくなったら、すぐがたがたになりますよね、現実は。
たとえ小銭でも、競馬場に来て落とす努力を一口会員の皆さんが率先してしないと、
競馬が世の中から消えてしまいます。
競馬法の改正の法案が通過し、今後は25%の枠組みが修正される可能性もある、
3.11以降、リビングにいて愛馬の賞金を楽しみにする時代はもう終わってしまった、
そういう時代に入ってきたと思います。



IMG_7236.jpg

写真は日曜6Rのキネオピューマ
*先日、東西線の車内で、競馬予想紙の方とテレ東かどこか白髪のアナウンサーが一緒だったのだが、
はてさて、名前が一向に出てこない。困った、いよいよだめか~



スポンサーサイト

9/11の抽選に2頭、なんとか入って欲しい・・ | トップページへ戻る | 日曜日の競馬から

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。